マスキングテープが流行中

様々な用途で使えて人気

雑貨屋などで良く見られるマスキングテープ、私も色々なマステを持っています。

 

息子の保育園や娘の学校常時のプリントを、マステを使って壁に張ったりしています。

 

ママ友に写真を渡す際、封筒を糊付けせずマステを貼って渡しました。素朴な色味と質感、そして手でちぎれるという手軽さ、剥がす時に跡がつかないのもさすがです。

 

 

マステの柄も本当に可愛くて、ポップな物から温かみのある北欧柄まで豊富に揃っています。

 

 

購入しようと決めても、マステ選びに時間がかかってしまいます。その位魅力的なマステが多いのです。本来「塗料を塗りたくない境目の部分に張り、塗装が終わったらはがす」という役割のマステ。元々は使い捨ての物だったのですね。

 

 

今では考えられません。友達の家では、壁に貼った写真の周りにマステを貼り、額の様にデザインしていました。茶色と緑色、黄緑のマステを大量に使い、部屋に大きな木を作った友達もいます。

 

 

マステの幅も豊富になってきているので、太い幅のマステを壁にべたっと張りつめ、壁紙に見立てている上級者友達もいます。
賃貸などで自由にリフォームできない人でも、マステで壁紙チェンジができちゃうのです。

 

 

 

飽きたり退去する時に剥がせば良いだけで、マステの特徴として跡がつかないのが良いです。私がマステと初めて出会ったのは写真屋さんで、見本としてアルバムをマステで上手にデコレーションしてありました。当時300円位でしょうか。今では100均でもマステが売っています。柄も可愛いし、私が当時購入した300円位のマステを同等のクオリティーです。

 

 

これからもマステブームは続くというか、もう定番の品です。今使っているマステが残り少ないので、明日お気に入りのお店に買いに行きます。
買う予定数を軽くオーバーする予感です。