お花見の話です

花見の思い出

昨日近くの公園に花見をしてきました。幸いにも天気も良くなり桜の花も散ることなくほぼ満開の状態でした。今年はとにかく天気が悪く、桜の見ごろの時期に雨や風が強い日が続いていました。

 

 

全国各地でもあんまり天気が良くなかったらしく花見中に急に雨が降ってきてしまうなんて事があったみたいですね。

 

 

どうしても桜の咲く時期は天気が崩れやすいので仕方がありませんが、それでも今年は天候にめぐまれませんでしたね。結局昨日の夜には雨が降ったみたいですし、桜の花も結構散ってしまったでしょう。

 

 

 

私が花見に行った時でもすでに桜吹雪の状態でしたので、今はだいぶ葉桜になりつつあるかもしれません。

 

 

満開の時にはとてもきれいですが、葉桜になったサクラのさみしさといったら・・・・花見は家族で行ったのですが、やはり喜ぶのは私と嫁さんくらいで、子供達は最初こそ満開の桜をみてテンションが上がっていましたが、すぐに見向きもせずに公園の遊具へ走っていっていましたw

 

 

 

いつもはかなり混む公園なのですが、明け方まで雨が降っていた影響もあるのか、人手が少なかったです。昨年は天気が良かったこともあって花見の来る人がごったがえしていましたが、今年は人もまばらでした。バーベキューができるスペースもあるのですが、そちらはぼちぼち人がいましたが、昨年に比べるとかなり減っていました。

 

 

公園では多くの遊具があって子供達はおおはしゃぎでした。私も子供達が迷子にならないように付いて回るのですが、年なのかついていくので疲れます。小さい時には手をつないで軽く回る程度でしたが、二人とも小学生になり、とにかく体力が有り余っているのでしょう。

 

 

走っていくスピードには追い付けなくなってきました。ターザンロープやジャングルジムなども昔はこわごわ行っていたのが、今では一人でやっています。

 

 

ターザンロープは後方から押して加速してあげないと楽しくないらしく、それがまた疲れます。なんにせよ、毎年恒例として行っている花見ですが、今年も行えてよかったです。いつか一緒に行ってくれなくなるのでしょうが、それまでは我が家の春の行事として今後もできるだけ続けていきたいと思っています。